白い歯研究所

毛先磨きって知っていました?


3,920 views

歯磨きの基本は毛先磨き

46-2
歯磨きの方法には「スクラッピング法」「ローリング法」「バス法」など、様々なものがありますが、はじめからこれらを覚えようとすると大変ですし、面倒になって続けられないという問題が起きがちです。

そこで、まず身につけたいのが「毛先磨き」です。

毛先磨きは歯磨きの方法の基本となるもので、簡単に言うと「歯と歯茎に毛先を当てること」を意識する歯磨き方法です。

 

毛先磨きのポイント

46-1

毛先磨きには3つの大きなポイントがあります。

裏を返すと、たった3つのポイントを押さえるだけで、誰でも正しい歯磨き法を身につけられるという事になります。

 

Point1:歯面に対して歯ブラシの毛先を直角に当てる
Point2:適度な力でブラシを歯面に当てる
Point3:毛先を適度なストロークで小まめに動かす

 

この3つのポイントを押さえて歯磨きをすれば、歯面のプラーク(歯垢)を4から5回のストロークでしっかり落とせると言われています。

また、毛先磨きでは「ローリング法」「バス法」のようにブラシを動かす方向にこだわる必要がなく、縦・横・斜め、どのような方向に動かしても問題ないという特徴があります。

 

毛先磨きをするのに適した歯ブラシ

毛先磨きを行う時に大切なのが、歯ブラシ選びです。

薬局やドラッグストアに行くと、実に様々な種類の歯ブラシが販売されていますが、毛先磨きに適した歯ブラシには、以下のような条件があります。

 

毛先の条件:

  • ナイロン製で毛先が丸く処理してある
  • ヘッドの長さ歯の2本程度のもの
  • 「ふつう」程度の固さで小回りがきく

 

柄の条件:

  • まっすぐでアーチなどを描いていない
  • 柄の断面が楕円形
  • ブランドマークや商品名の突起などがない

 

これらの条件を見たしていれば、市販の歯磨きブラシでも問題なく毛先磨きが行えます。

ブラシ選びに自信がない、条件に合ったブラシが見つからないといった場合は、歯科医院やクリニックで購入すると良いでしょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?