白い歯研究所

歯垢がつきやすい場所について


4,953 views

そもそも歯垢(プラーク)とはなに?

48-2
歯垢と聞くと「虫歯の原因となる食べかす」というイメージを持つ方も多いようですが、食べかすと歯垢は全く別のものです。

歯垢は、食べかすや代謝物などに細菌が繁殖した固まりで、白色または黄白色のねばねばした物質です。実は、この歯垢1mg中に1億個以上の細菌が存在していると言われています。この細菌の含有量、想像以上ですよね。

ちなみに、この歯垢に唾液中のカルシウムが結合することで歯石が生成されます。

 

歯垢がつきやすい部分

48-1

歯垢がつきやすいのは、歯ブラシの届きにくい奥歯や歯の間、歯茎の境目などです。

また、歯の裏側や歯の噛み合わせの溝、歯並びが凸凹していて磨きづらい部分などにも、歯垢が蓄積しやすい傾向があります。

歯垢は粘性があり、歯の表面に強く付着しているため、水でうがいをしたり、デンタルリンスのような口内洗浄剤を使用したりしても、なかなかキレイに取れません。

細菌の固まりとも言える歯垢をしっかり取り除くためにも、自分にあった歯ブラシやデンタルフロスなどを使用し、正しい歯磨き・オーラルケアを行うようにしましょう。

 

歯垢の磨き残しを見つける方法

歯磨きを十分に行っているつもりでも、歯垢は意外に残っているものです。この磨き残しの歯垢を見つけるのに役立つのが、歯垢の染め出し剤です。

歯垢の染め出し剤は、一般的に「赤染め」「染め出し」とも呼ばれていて、使用すると歯垢の残った部分が赤く染め出されます。

染め出し剤には液状のもの、錠剤、ジェルの3種類があり、最近はスーパーや薬局でも販売されています。

最も使いやすいのはジェル状のもので、歯ブラシに適量付け、歯全体に塗るだけで歯垢が染まり、磨き残しが一目瞭然となります。

 

歯垢をいちいち染めて歯磨きするのは面…という場合は、歯磨き後、歯の表面を指でこすって確認してみましょう。歯垢が残っていなければ表面がツルツルして、キュッキュッと言った音がします。

歯の表面がざらざらしていたり音が鳴らなかったりした場合は、もう一度磨き直しが必要です。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?