白い歯研究所

歯周病の予防は歯磨きが基本です


2,396 views

正しいブラッシングと歯ブラシ・歯磨き粉選びが予防のポイント

歯周病は、歯と歯茎の間の溝に食べかすなどが残って歯垢や歯石が蓄積されることによって引き起こります。
歯垢や歯石というのは、様々な細菌の繁殖場所になっていて、悪玉の細菌が歯や歯周組織に悪影響を与える病気です。
このため、歯周病の予防には「歯垢と歯石を取り除いて口腔内を清潔にしておくこと」が重要となります。
歯石や歯垢をきれいに取り除くには、やはり歯科医院で措置してもらうのがベストです。
ただ、自宅でも実践することで予防につなげることは可能ですので、ここでは「自宅で行なうセルフケア」を紹介します。

念入りな歯磨き

正しいブラッシングには歯科医院の指導が不可欠

まず、歯磨きのブラッシングです。
歯の表面だけを磨いていても歯周病の予防にはなりません。
歯と歯茎の間の溝を磨くことが予防のポイントです。
このためブラッシングは、まず最初に歯科医院で指導を受けるのがベターです。
また、専用の歯ブラシもありますので、溝の歯垢や歯石を取り除く正しいブラッシングを身につけるようにしてください。
次に重要なのは、歯磨き粉選び。
歯周病専用の歯磨き粉が市販されていますので、歯周病専用の歯磨き粉を使うようにしましょう。

歯磨き粉選びは「予防のために効用のある成分を知ること」から

歯磨き選びのポイントは、どのような成分が配合されているのかを知ることです。
歯垢の除去にはデキストラナーゼと呼ばれる酵素が効果的ですし、歯茎からの出血を防止するならトラネキサム酸が、また、歯石の予防には、ポリリン酸ナトリウムやピロリン酸ナトリウムが効果的といわれていますので、こうした成分が配合されている歯磨きを選択するとよいでしょう。
この他にも歯茎の炎症を抑えたり、殺菌作用のある成分も(必要であれば)チェックしておきたいところです。
セルフケアのポイントは、「正しいブラッシング」と「歯周病予防に効果的な成分を理解して効用の高い歯磨き粉を選ぶこと」です。
さらにセルフケアが予防につながっているのかをチェックするためにも、定期的に歯科医院で状態を見てもらうこともセルフケアをより効果的に行なうための大切なポイントと言えるでしょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?