白い歯研究所

歯が黄ばむ原因「ステイン」とは?


11,292 views

ステインは「ヤニ」や「タンニン」等の食べ物や飲料に含まれる色素成分によって生じます

ホワイトニングに代表される審美歯科に関心が高まっていますね。
「白くてきれいな歯」というのは、本人はもちろん、誰が見ても気分が良いものです。
こうした審美歯科への需要が高まる一方で、「ステイン」という言葉もよく耳にするようになりました。
ステインとは、歯の着色汚れのことを指します。
つまり審美歯科の目的は、このステインを除去することでもあるのです。
そこで、いつもでも白くてきれいな歯を保ち続けるためにもステインに対する理解を深めておきましょう。

ステインの沈着した歯から、白い歯へ

口の中で起こるさまざまな化学反応によってベリクルに色素が沈着していきます

まず、ステインはなぜ生じるのか? その仕組みを紹介しましょう。
通常、歯の表面は唾液によって作られるベリクルというタンパク質の薄い膜で覆われています。
食べたり飲んだりすると、唾液の酵素と食べ物にある様々な成分が互いに反応を起こします。
口腔内は、化学工場さながらの様相になるのですが、この化学反応は歯を覆っているタンパク質の薄い膜にまで及んでいきます。
その結果、食品等に含まれている色素が、このタンパク質と反応して沈着してしまいます。
ほとんどの場合は、食べ物を摂取した後のうがいや歯磨きで色素沈着した薄い膜は取り除かれてしまうのですが、歯磨きを怠ったり、また慢性的に沈着しやすい食べ物を摂ると歯磨きでは取り除くことが出来なくなります。
このような状態になることを「ステイン」と呼んでいるのです。

色素成分を含む食料品を口にした後は歯磨きを忘れずに

それでは、ステインが生じやすい食品や食べ物は、どのようなものがあるのでしょうか?
代表的なものは、コーヒー、紅茶、緑茶、そしてタバコです。
タバコの場合は化学反応によって沈着するのではなくて、ヤニが直接的にタンパク質の薄い膜に沈着するケースになります。
一方、コーヒーや紅茶の場合は、含まれているタンニンという色素が化学反応によってタンパク質に作用して色素沈着します。
タンニンに限らず、化学反応によって色素沈着しやすい成分を含んだ食品や飲料が多々あります。
常日頃から、ステインにならないように「食べ物を口にした後は必ず歯磨きをする」ようにしてください。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?