白い歯研究所

意外と知られていない「正しい歯磨き」


5,488 views

正しい歯磨きの方法をご存じですか?

44-1
毎日の習慣として行っている歯磨き。歯の健康を保つために役立つ大切なものですよね。

しかし「歯磨きは、誰でもやっていて当たり前のこと」という認識があるためか、多くの人が正しい歯磨きの方法を、意外にご存じないようです。

そこで、ここでは「正しい歯磨きのポイント」を説明していきたいと思います。

 

食後すぐに歯磨きを行うのはNG

「食後、できるだけ早く歯磨きをした方が良い」と考える方も多いのですが、実は食事の後すぐに歯磨きを行なうと、歯の表面を傷つけてしまい、虫歯リスクが高まってしまいます。

食事の後、口の中は食べ物の糖分や酸によって「酸性」に傾いています。

多くの方が「歯は固くて丈夫」というイメージをお持ちですが、歯のエナメル質は酸に弱く、食後すぐの歯は弱ってしまっています。

食後すぐに歯磨きをするという生活を続けていると、どんどん歯を痛めてしまいます。

健康な歯を保つためには、食後30分以上経ってから歯磨きをするようにしましょう。

 

歯ブラシの持ち方は鉛筆持ち

44-2
歯磨きをする時、力を入れやすいよう歯ブラシの柄をわしづかみにする方も多いですが、歯磨きの時に力が入りすぎると、歯と歯茎を傷つけてしまいます。

歯ブラシを持つ時は、余分な力が入らないようペンや鉛筆を持つ意識で行なうようにしましょう。

鉛筆持ちで握ると、力を入れすぎることがなくなるだけでなくブラシを細かく動かせるので、安全な歯磨きを行うことができますよ。

 

歯磨きのタイミングは就寝前と起床後

歯磨きのタイミングは食後が良いと考えられがちですが、一番良いのは起床時と就寝前です。

就寝中は唾液の分泌量が減少するため、唾液による殺菌力が低下し、虫歯菌の活動が活発になってしまいます。そのため、就寝前にできるだけ虫歯菌を殺菌し、起床後すぐに歯磨きをして口内を清潔にすることが必要となるのです。

口内の衛生状態を正常に保つためにも、食前食後だけでなく、就寝前起床後の歯磨きも重視するようにしましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?