白い歯研究所

「歯の密度」って何ですか?


1,989 views

歯にも「密度」があるそうですが…

骨に密度があることは、「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という病気が有名なためご存じの方も多いのですが、歯にも骨と同様、密度があるという点は意外に知られていないようです。

歯の表面は「エナメル質」という半透明の組織で覆われているのですが、その内部の密度によって、歯の健康の度合いや輝き、ツヤなどが変わってくるのです。

 

歯の密度は、歯の健康と審美に深く関わっている

50-1
健康的な美しい歯にとって、歯の密度は大変重要な要素です。

実は、歯の密度が低下してしまうと、歯の表面に凸凹ができてしまい、歯の輝きやツヤが失われる、虫歯ができやすくなるといった問題が起こります。

大手歯ブラシメーカーのアンケートによると、この歯の密度と歯の健康・美しさの関係をご存じの方の割合は約24%に留まっており、意外に歯の密度の重要性は広く認知されていないことが分かります。

美しく輝く健康的な歯を手に入れ維持するには、毎日の歯磨きで歯垢や歯の汚れを除去するだけでなく、歯の密度を高める習慣を身につけることが必要だと言えるでしょう。

 

歯の密度を上げるには?

50-2
歯の密度が低下する大きな原因の一つが、歯垢の作り出す酸です。歯垢が酸を作り出すと、歯の表面のエナメル質が溶かされて凸凹ができ、密度が低下していきます。

そのため、正しい歯磨きを継続して歯垢をしっかり取り除くと共に、溶かされてしまったエナメル質を再生させることが重要になります。

このエナメル質の再生(再石灰化と言います)を促してくれるのが「フッ素」です。

フッ素は歯磨き粉のCMなどでよく見聞きする言葉ですが、エナメル質を再石灰化し歯の密度を高めてくれる有益な物質なんですね。

 

健康で美しく輝く歯を作り上げる決め手とも言える「歯の密度」。

この歯の密度を高めるためにも、歯の劣化を促す歯垢を取り除く正しい歯磨きを身につける、フッ素配合の歯磨き粉でエナメル質の再石灰化を促進するなど、毎日のオーラルケアに努めてみてくださいね。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?