白い歯研究所

気をつけたい嚥下(えんげ)障害


2,669 views

食べ物を飲み込めない、さまざまな原因

enge-1

嚥下とは、分かりやすく言うと「飲み込む」行為ですが、それが正常に行われない「嚥下障害」には、いくつかの原因があります。
例えば、手や腕など運動器の疾患によって食べ物を口に運べないことも「嚥下障害」に含みます。しかしここでは、口や喉に絞って話を進めていきます。
まずは、歯がないと、食べ物をかみ切ったりすりつぶしたりすることができません。この場合、入れ歯などの欠損補てつを行うか、流動食による食事となります。自分の歯で食べると、おいしさも楽しさも断然違ってきますので、日頃から歯の健康に関心を持つことが大切です。
その次が、口の中で食べ物と唾液と混ぜ合わせ、消化を促進するとともに飲み込みやすくする「咀嚼」。この段階で考えられる障害は、顎の運動疾患や唾液の分泌異常などです。ほか、かみ合わせなども影響してきます。

喉を通らない、時間がかかるなど

enge-2

口内に異常がなくても、喉の機能が衰えていることによって起こる「嚥下障害」があります。
いつまでたっても口の中から食べ物がなくならない、口や鼻から食べ物がこぼれる、飲み込む行為自体が難しく感じるなどです。
気をつけたいのは、食べ物が気管に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」。空気が食道や胃に入っても、「げっぷ」や「おなら」によって排出されます。しかし食べ物が気管に入ると、排出するのが困難な場合があり、窒息の危険性もあります。また、細菌が食べ物と一緒に肺の中へ侵入することで引き起こされる「誤飲性肺炎」にも、注意が必要です。

起こってからではなく、起こさないための心配りを

これらはともに高齢者に多く、死に至ることもある危険な疾患です。また、食べることに抵抗感を覚えると食事が細くなり、体力や体の免疫力が低下することもあります。心当たりのある方は、最寄りの歯科医院などに相談してみてください。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?