白い歯研究所

飲食に由来する口臭はちょっとした工夫で予防することができます


1,025 views

病気や生活習慣を原因とする口臭以外は、深刻に考えなくても大丈夫

お口の臭いって気になりますよね。他人の口臭はもちろんなのですが、一番気になるのは自分自身の口臭ではないでしょうか。
満員電車などで周りの人が顔をそむけると、自分の口が臭うのでは、と思ってブルーになってしまったという方は少なくないと思います。
口臭に対する理解という点で、ひとつ知っておいていただきたいことがあります。
この口臭、個人よって強弱の差はありますが、人間なら誰にでもあるものなのです。
病気や生活習慣に由来する口臭は別にして、口臭は誰にでもあるのだということを理解して、必要以上に口臭のことで悩まない、ブルーにならないことも大切です。

飲食に由来する口臭は、飲食で予防できる

ほとんどの方の口臭は、飲食に由来する一過性のものです。
飲食後のちょっとしたうがいや歯磨きで、口臭を解消することができます。
さらに飲食によって生じた口臭は、飲食によって予防することもできるのです。
例えば、ニンニク臭は、牛乳によって臭いが緩和されることはよく知られています。
つまり、臭いを発する食材がある一方で、臭いを緩和したり臭いの元になる食べかすなどを分解する作用のある食べ物があるということなのです。
是非、食事をバランスよく摂ることで、口臭を予防していただきたいと思います。
それでは、以下に口臭の予防につながる代表的な食材を挙げておきますので、参考にしてみてください。

臭いのきつい食べ物を摂るときは、臭いを抑制するメニューも加えましょう

まず、食事よって口腔内に蓄積される食べかすについては、キャベツを代表とする生野菜が効果的です。
生野菜に豊富に含まれているビタミン類が食べかすから発生するガスを抑え、生野菜の食物繊維が食べかすを除去するなど、口腔内を清潔に保ってくれます。
さらにパパイヤ、パイナップル、キウィ、メロンなどの果物は、たんぱく質を分解する作用がありますので、生野菜と同じく口腔内を清潔にしくれます。
また口臭抑制作用が知られている食材としては、ヨーグルトや紅茶、緑茶、梅干やレモン、
変わったところでは、マッシュルームや砂糖があります。
臭いのきつい食事を摂るときは、臭いを抑制する食材もメニューに加えるようにしていただければ、飲食によって生じる口臭は、ある程度予防することができるのです。

キャベツ


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?