白い歯研究所

酸性の強い飲食物を過度に摂取すると「酸蝕歯(さんしょくし)」になる可能性がアップします


1,220 views

酸蝕は食べ物や飲料など化学的な原因によって起こります

酸蝕歯という言葉を耳にするようになってきました。今日では偏食などによって引き起こる生活習慣病の一つとして知られています。
症状としては、歯の表面を覆っているエナメル質が溶けて、虫歯のように歯に欠損が生じること。
虫歯と同じようにエナメル質を溶かす症状なのですが、虫歯はう蝕原性菌と呼ばれる細菌によって、口腔内が酸化されてエナメル質が侵食されるという仕組みである一方、酸蝕歯の場合は、う蝕原性菌によらずに酸性の強い食べ物や飲料の過度の慢性的な摂取によって引き起こされます。
つまり、う蝕原性菌という生物的な原因ではなくて、食べ物や飲料という化学的な原因によって引き起こされるという点で、その発生の原因が異なっているのです。

酸蝕歯は放置すると問題が深刻化します

酸蝕によってエナメル質が溶け出すと、そのまま放置していると浸蝕は進行していきます。
エナメル質が溶けて象牙質が露呈するようになる段階に達すると痛みを覚えるようになります。
半面、象牙質にまで達しない程度のエナメル質の浸蝕では、痛みを感じることがありませんので、そのままにしている方は、実は少なくありません。
しかし、酸蝕歯も虫歯と同様、そのまま放置していても自然に治癒することは決してありませんので、歯に酸蝕の兆しが現れた段階で、歯科医院で適切な治療を受けることが、大切なのです。
治療法としては、クラウンと呼ばれるかぶせ物をするだけですので、早い段階で治療をすれば簡単に酸蝕を防ぐことができます。

酸性の高い飲料は食べ物は過度に摂取しないようにしましょう

さて、それでは、どのような食べ物や飲料が酸蝕の原因になっているのでしょうか。
強い酸性を示す食品ということになりますが、代表格は清涼飲料水、スポーツドリンク、ワイン、果汁、ハーブティです。
ここで注意しておいていただきたいのは。こうした強い酸性の飲料や食品を過度に、そして慢性的に摂取すると酸蝕歯になりやすいということです。
適量を適切に摂取していれば酸蝕歯になる確率は高くありませんので、このあたりも理解しておいてください。

控えめに清涼飲料水を飲む女性


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?