白い歯研究所

親知らずが虫歯になったら?


1,500 views

親知らずは虫歯になりやすい宿命を背負っているのです

親知らずが生える場所は、上あごであっても下あごであっても奥歯のその奥になります。
さらに生え方自体もまっすくに生える親知らずはまれで、斜めになったり横向きになって生えていることが多いのです。
奥歯のその奥に生えていて、しかも斜めや横向きなっているということは、歯磨きではしっかりと磨ききれないということなのですよね。
また場所柄からも食べ残しがたまりやすいということもあります。
こうしたことからも親知らずは、虫歯になる確率が非常に高いということが容易に想像できますね。
「親知らずが痛む」なんて、よく聞きますが、親知らず自体に痛みの原因があるのではなくて、痛みの原因になっているのは虫歯というケースがほとんどなのです。

親知らずの虫歯

親知らずは余分な歯? その考え方で治療方針も変わってきます

さて、それでは親知らずが虫歯になったらどうしましょう。
虫歯は放置しておいて自然に治癒することは決してありませんし、放置することで虫歯はさらに進行して、最後には歯が欠損します。つまり歯が無くなってしまうのです。
痛みを感じたら、ただちに歯科医院に行くこと、これは虫歯の鉄則です。
親知らずの虫歯も、もちろん例外ではありません。治療に専念することが大切なのです。
治療の方針については、抜歯するのか、それとも抜かないで治療するのか、大きく分かれるところですが、親知らずは結局のところ余分な歯である、ということから考えると抜歯するのが、治療時間が短くて済み、さらにいち早く痛みから解放されるのでベターな選択といえるでしょう。

親知らずの抜歯は切開等の外科的手術が必要な場合も

ただ、親知らずの抜歯には問題もあります。
親知らずが斜めになっていたり、横向きになっていた場合、さらにあごの骨に歯根が癒着している場合など、親知らずの状態によっては切開して抜歯するという外科的な手術が必要になってくるのです。
通常の歯と同じように正常な状態ならば抜歯も簡単なのですが、状態によっては大掛かりな手術になることがありますので、このあたりは歯科医師の説明をしっかり聞いて理解し、納得した上で選択することが必要になります。
抜歯するにしても抜かずに治療するにしても、肝心なことは歯科医師とのコミュニケーションであるといういことを頭に入れていてください。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?