白い歯研究所

虫歯を放置したままでいると…


1,906 views

大切は歯を失わないためにも「虫歯の予兆」を感じたらすぐに治療を

虫歯というのは、口の中が酸化されることによって歯の表面を覆っているエナメル質が酸によって溶ける状態を言います。
対症療法的には、エナメル質が溶けた部分を整形して、被せ物や詰め物をして酸化の影響を受けにくくすることになります。
根本的には「酸化した口の中をアルカリ性に変える」「酸化を促すう蝕原性菌を繁殖しにくくすること」になります。
それでは、こうした対症療法や根治治療をせずに、そのまま放置していると虫歯になった歯はどうなるのでしょうか?
これは悲惨な結果を招くことになります。

虫歯の末路とは?

酸によって溶けたエナメル質は自己修復しません

いったん虫歯によって溶けたエナメル質は自己修復することはありません。
歯磨きのブラッシングによってついた傷程度ならばエナメル質は自己修復しますが、虫歯のような酸による損傷は自己修復することができないのです。
さらに、溶けたエナメル質の部分は、う蝕原性菌にとっては格好の繁殖場所になります。
つまり、酸化がさらに進みエナメル質、さらに露出した象牙質ともに酸によってどんどん溶けていくということになります。
象牙質まで溶け始めると、この時点で痛みが生じるようになります。
象牙質には歯髄と呼ばれる神経があり、虫歯になることによりこの神経が強く刺激されるためです。

虫歯の終焉 それは歯がなくなることです

さらに進行していくと、エナメル質は溶けてなくなり、象牙質も、その中の歯髄も溶けてなくなってしまいます。
最後には歯根までも抜け落ちて歯そのものがなくなってしまいます。
ここまで来る間には激痛に近い痛みが何日も続きますので、ほとんどの方は歯科院のドアを開けることになるのですが、この段階では治療としては「抜歯しか選択方法がない」のが現状です。
ご存知の通り、抜けた歯は再び生えてくることはありません。
「たかが虫歯」と安直に考えると取り返しのつかないことになるのです。
(冷たい水が歯にしみる)と感じた時点で、しっかりと治療を受けさえすれば、歯を失うことはありません。
大切な歯です。いつまでもおいしく食事が摂れるように、くれぐれも虫歯は放置しないようにしてくださいね。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?