白い歯研究所

歯周病のサインを見逃さないように!


1,051 views

日本人の中高年では8割に、その症状が見られ、さらに世界で一番多い感染症として知られるのが歯周病です。

歯周病は、歯茎と呼んでいる歯を支えている歯肉などの歯のまわりにある組織の病気の総称です。

高齢者の方なら歯槽膿漏と言う言葉の方が馴染みがあるのではないでしょうか。

この歯周病ですが虫歯と同様、そのままにしていて自然に治ることはありませんし、放置しているといつの間にか歯をすべて失ってしまうことになる怖い病気です。

15-1

早期発見で歯周病は完治します

私たちは、食べることによってエネルギーを得たり、美味しさや満足感を得ています。

食べるためには当然、歯が必要です。

歯周病をそのままにして歯を失ってしまい、失ってから初めて歯の大切さに気づく方が多くいらっしゃいます。

歯を失うと十分なエネルギーを得ることができなくなりますし、食べる喜びさえも無くしてしまうのです。

いきなり怖い話ばかりが続きましたが、歯周病は早期発見、早期治療で完治できます。歯周病が深刻にならないうちに、適切なケアを心がけることが重要なのです。

 

口臭が気になりだしたら歯周病を疑おう

早期発見には、歯周病の初期症状を理解しておくことが必要です。

歯周病の初期段階では、まず口臭がきつくなります。

また、歯茎からの出血も要チェックです。

歯磨きの時、また固いものを食べたときに出血する場合は、ほぼ100%歯周病だと考えられます。

さらに、朝起きたときに口の中がネバネバするという方も歯周病予備軍だと考えて良いでしょう。

 

はじめてみようお口のセルフチェック

ちょっとお口のことを気にするだけで、歯周病が深刻になる前に防ぐことができます。

歯磨きのときはもちろん、食事の時や食後には必ずお口のことを気にかけてチェックすれば歯周病が発するサインを案外簡単に知ることができますので、お口に関心を持つことから、まず始めてみてください。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?