白い歯研究所

歯周病から派生する病気に気をつけてください!


1,733 views

歯周病の基礎知識

10-1

歯周病は別名「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも言われ、歯茎や歯の根元の骨が悪くなる病気です。

歯に付着したネバネバが薄い膜を作り、食べかすを吸着して歯垢になるのです。

歯垢1グラム当たり1億個の細菌が繁殖しており、細菌が増殖すると歯と歯茎の間に黒っぽい歯石が付着してきます。

唾液のカルシウムやリンと歯垢が結びつき、歯石が大きくなると歯と歯肉の間の組織を破壊します。歯周病菌は歯周ポケットに入り込んで炎症を引き起こし、歯を支えている骨の根元から崩壊させるのです。

自覚症状が現れにくい歯周病

歯周病の自覚症状は、歯茎が赤く腫れている・歯茎から出血している・口臭がきつい・歯がグラグラしている等で判断できます。

思い当たる事があれば、直ぐに診察してもらい治療を受けるようにしましょう。

歯周病の初期治療であれば、歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を特殊な器具で除去できるのです。

歯垢や歯石が再び付着しないように、歯の表面をツルツルにする治療も有効的です。

 

歯周病から派生する病気は怖い!

10-2

歯周病菌は1グラム当たり1億個と言われていますが、虫歯菌・雑菌・病原菌なども含まれているのです。

口の中は常に温かく濡れており、細菌が繁殖しやすい環境にあると考えてください。

病原性のある細菌が血液中に入り込みます。そして、唾液と一緒に飲み込まれて心臓や肺などの遠隔臓器に辿り着いてしまいます。

歯周病から派生する病気として、心内膜炎・心臓血管障害・菌血症・肺血症・糖尿病・早産・低体重児出産が考えられます。

 

歯周病は生活習慣病

歯周病は生活習慣病と位置づけされており、規則正しい生活習慣を持続する事が重要なのです。

食後の歯磨き習慣・栄養バランスの取れた食習慣・ストレスと疲労を溜め込まない睡眠習慣・喫煙や飲酒習慣の改善!

歯周病で歯が抜けてしまう前に、今一度生活習慣を正してみましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?