白い歯研究所

歯の黄ばみ…あなたは気になりませんか?


1,091 views

14-2

むかしは、タバコのヤニで歯が黄色くなった方を良く見かけたものです。

せっかくの素敵な笑顔も黄色くなった歯がむき出しになると、ちょっと興ざめですよね。

最近は、愛煙家の方も少なくなってきましたので(黄色くなった歯を見かける機会も少なくなったのでは?)と思えるのですが、実はそうでもありません。

タバコを吸わない方でも、歯の色がくすんでいたり、黄色くなっていたりする方を見かけます。

ステインという言葉をご存知でしょうか。歯の着色汚れのことなのですが、この着色汚れは、タバコだけが原因ではありません。

紅茶や緑茶、コーヒーをはじめ色素を含んだ嗜好品や食料品が、着色汚れの原因になっていることが知られています。

 

色素沈着したベリクルの蓄積がステインに

14-1

このステインは、食料品や嗜好品に含まれている色素が、唾液に作用して歯に蓄積されることによって生じます。簡単にそのメカニズムを見てみましょう。

歯の表面のエナメル質は通常、唾液が付着してつくられるベリクルと呼ばれるタンパク質の薄い膜で覆われています。

タバコのヤニや紅茶やコーヒーのタンニンなどの色素と、さらに食べカスなどが、唾液中のカルシウムや金属イオンと化学反応を起こして、歯の表面のベリクルに色素沈着します。色素が沈着したベリクルが蓄積されることによって、ステインになるのです。

 

正しいブラッシングでいつまでもきれいな歯を

しっかりとこまめにお口のケアをしていれば、色素沈着したベリクルが蓄積されることは少ないのですが、昔に比べて色素を含んだ食料品が大量に出回っている今日の食の現状からも、常にステインは生じると考えておく方が良いでしょう。

ステインを防ぐには、食事後はもちろん、お菓子や飲料を口にした後、必ず歯を磨くようにすることです。

さらに、たた歯を磨くだけでは、ステインを防ぐことはできません。正しいブラッシングを心がけること、これがステイン予防の一番のポイントです。

正しいブラッシングをこまめに行うことで、いつまでもきれいな歯を保ち続けることが出来るのです。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?