白い歯研究所

妊婦は虫歯になりやすいって本当?


1,130 views

dc4-8a

胎児に母体のカルシウムを取られると虫歯になる?

「妊娠したら、急に虫歯になってしまった!」というお母さんの声が聞こえてきそうです。
胎児の骨格生成にはカルシウムを必要とするので(母体側の)カルシウムが胎児に取られるような気もしますが、母親のカルシウムが取られることも虫歯になってしまうこともありません。
しかし、妊娠すると母体に変化があり、口内が虫歯のできやすい環境になってしまいます。
妊婦と虫歯の関係について(「なるほど!)と思うような話をしましょう。

胎児の骨格や臓器は「ヘソの緒」から摂取する

胎児の発育に欠かせないカルシウムは、母体の骨から摂取するのではありません。
お母さんの食事の栄養素が「ヘソの緒」を通じて胎児に供給されるのです。
カルシウムだけでなく、ミネラル・ビタミン・脂質・タンパク質などを、バランスよく摂取しましょう。

dc4-8b

妊娠すると「つわり」で歯のケアが・・・

「妊娠したら、急に虫歯になってしまった!」という、お母さんの声が多いのは何故でしょうか?
それは、妊娠6週目ぐらいから11週目ぐらいまで続く「つわり」の影響があるからです。
「つわり」には、
・食べ物による「吐きづわり」
・ご飯などによる「匂いづわり」
・日常生活で睡魔が襲ってくる「眠りづわり」等があります。
話の展開が「つわり」になってしまいましたが、お母さんの話を聞くと「歯磨きが一番つらかった!」という意見が多いのです。

妊婦の虫歯原因は、歯磨きによる「つわり」が原因?

「食事の後で歯を磨こうとしたら、(オェッ!)ときました」というお母さんがいます。
食後の歯磨きを怠ると、お口の中がベタベタしてきます。
このベタベタが食べカスと混じりあい、虫歯菌の繁殖しやすい環境を作りだします。
つわりは辛いですが、虫歯菌が胎児に影響を与えないために「食後の歯磨き」をしっかりしましょう。

 


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?