白い歯研究所

妊娠中に起きる歯のトラブル


1,509 views

妊娠による母体の変化が歯のトラブルを引き起こす

妊娠すると・・・
・月経が止まる
・つわりが始まる
・下腹が張って腰が重たくなる
・基礎体温が高くなる等、母体に変化が生じてきます。
ホルモンバランスや胎児への栄養補給などが影響し、妊娠中による歯のトラブルも多くなります。
「歯周病」「妊娠性エプーリス」「虫歯」は、自覚症状を感じる前の治療が必要です。
妊娠中の歯のトラブル解消は、正しい歯磨き習慣と歯科医院による定期健診がオススメです。

妊娠中の唾液不足で口内は悪環境になっている

妊娠中で唾液の分泌量が少なくなると、お口の中がベタベタした感覚になります。
ベタベタの原因は、唾液不足による口内環境の悪化にあるのです。

【唾液の働き】

  • 唾液によるデンプン質分解の化学的消化作用。
  • 口内を湿らせて発音をハッキリさせる円滑作用。
  • 食べ物を溶かし舌で味覚を感じさせる溶媒作用。
  • 食べカスや細菌を洗い流す抗菌作用。
  • 酸性とアルカリ性のバランスを取るpH緩衝作用。
  • 歯にカルシウム・リン・ミネラルを供給する石灰化作用。

dc4-5a

他にもありますが、唾液が不足すると口内環境が悪化すると考えてください。

妊娠中の唾液不足で歯肉炎と歯周病になりやすい

dc4-5b

妊娠すると唾液の分泌が少なくなり、口内は乾燥した状態になってきます。
口内が乾燥すると、歯茎が乾いて出血しやすい環境になるのです。
歯茎から出血を確認した妊婦さんは、50%以上というデータがあります。
歯肉炎が悪化すると歯周病に進行する恐れがあります。
歯肉炎や歯周病は痛みが無く、気がついた時は症状がかなり悪化しているのです。

早期発見の為に正しい歯磨き習慣を行ない、自分自身で毎回チェックをしましょう。
妊婦特有の「妊娠性エプーリス」もあるので、異常を感じた時は歯科医院の健診を受けましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?