白い歯研究所

噛み合わせの不具合…顎関節症ではありませんか?


1,552 views

若い女性に多く見られる顎関節症

18-1
モノを噛んでいる時や、大きな口を開けた時にアゴの付け根のあたりが痛むことがありませんか。また、ゴリゴリとかカクンなどの雑音がアゴから聞こえてくるようでは、顎関節症の疑いがあります。

顎関節症(がくかんせつしょう)は、アゴの付け根から伸びているアゴを動かす咀嚼筋と呼ばれる筋肉の疼痛、口が開けにくい、アゴの付け根の関節部分の雑音、さらに耳の痛みや難聴、眼の疲労、めまいなどの目や耳の症状から、肩こり、頭痛などのさまざまな症状が知られています。
18-2

子どもから大人まで広く見られますが、特に20代、30代の女性に多いのが、この症状の特徴にもなっています。

 

額関節症は「生活習慣病」として知られています

原因については、はっきりとしておらず、さまざまな要因が絡み合って症状として現れるとされており、原因を一つに特定できないというのが定説です。

ただ、頬杖を付いたり、柔らかな食べ物しか食べないない人に多いことから、生活習慣も大きく関わっていると考えられています。

このため、顎関節症を生活習慣病として、生活改善によって予防する取組みも行われています。

抜本的な治療法はないという現状ですが、発現するそれぞれの症状を緩和したり治す対症療法は行なわれています。

 

受診は歯科・矯正歯科医院で

こうした症状を自覚したときは、まずは歯科、矯正歯科ならびに口腔外科で診療してもらいましょう(額関節症の専門クリニックはありません)。

アゴの問題なのに歯科や矯正歯科を受診することに戸惑いもあるかもしれませんが、額関節症のほとんどが、歯の咬み合せに問題が生じているのです。

歯の噛み合わせを治すことによって、アゴの骨のズレを矯正するということなのですが、これは逆に言うと歯の噛み合わせの悪さが、額関節症と関係しているということでもあるのです。

「歯の噛み合わせの悪い方は額関節症である」とも言えるのです。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?