白い歯研究所

口臭の原因は2種類あります


1,161 views

生理的口臭と病的口臭の違いを理解して「口臭の予防と改善」に努めましょう

口臭は、その原因によって2種類に類型化されることをご存知ですか?
口臭を予防・改善・解消するためには、ご自身の口臭の原因を知ることが肝要です。
ここでは、口臭の原因を類型化して紹介したいと思います。
まず一つ目は、飲食や喫煙、ストレスによって引き起こる「生理的口臭」です。
生理的口臭の代表選手は飲食です。
ニンニク、ネギ、香辛料、さらにアルコール等を摂取すると、口の中に食べ物がなくても胃で消化されるまで口臭が残りますの注意が必要です。
ただ、消化されてしまうと口臭が改善されますので「一時的口臭」と言えるでしょう。
喫煙によるタバコ臭も同じですね。

生理的口臭のもと、ニンニク

生理的口臭の中でも慢性化しやすいのが舌苔(ぜったい)です

一方、同じ生理的口臭でも厄介なのが「ストレスに起因する口臭」です。
ストレスによって口腔内が乾燥し、口臭が生じるようになります。
また、ストレスからホルモンのバランスが崩れてしまうことによって唾液臭が生じる場合もあります。
こうしたケースでは、ストレスを解消しない限り口臭が改善されることはありませんので慢性化するリスクが高いと言えます。
うがいや歯磨きをこまめに行うことによって口臭を抑制するという対症療法になります。
また、同じく生理的口臭でも慢性化しやすいのが舌苔です。
これは舌に食べかすが残り、そこに細菌が繁殖することによって、舌の上皮が白っぽくなる状態を言います。
口臭の原因になりますので注意してください。

病的口臭は、医療機関での診察と治療が必要です

もうひとつは「病的口臭」です。
これは虫歯、歯周病、歯石などの口腔疾患をはじめ、耳鼻咽喉や消化器系の疾患に起因する口臭です。
病的口臭は慢性的な口臭であることが特徴です。疾患に由来しているため、そのまま放置していると重篤な症状が出ることがあります。
※口臭の原因が、生理的なものなのか病的なものかを素人判断することは禁物です。
歯磨きをしても(すぐに)口臭が漂うようですと病的口臭の可能性が高いと言えます。
必ず医療機関で検査・治療するようにしてください。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?