白い歯研究所

出産後に歯のトラブルが増えそうで不安


1,502 views

出産後の虫歯&歯周病予防が大切です

出産後のお母さんは、子育てと家事で大変忙しくなります。
しかし、正しい歯磨き習慣を怠ると、可愛い赤ちゃんの歯に影響を与えてしまうのです。

dc4-1a

乳歯は、生後2ヶ月ごろから生え始め個人差があります。
生まれた時に歯が1本生えてた赤ちゃんもいれば、1歳ごろまで歯が生えてこない赤ちゃんもいるのです。
可愛い乳歯が虫歯にならない為にも、お母さんの歯のケアが重要なポイントになってきます。

お母さんの虫歯が赤ちゃんの乳歯にうつる!

歯についているベタベタが虫歯菌の代表「ミュータンス菌」です。
お母さんに虫歯があると、赤ちゃんの乳歯に虫歯がうつる場合もあります。
哺乳瓶の温度と吸い口を確かめる為に、お母さんが吸うと虫歯菌が付着してしまうのです。
離乳食を食べさせる時に、お母さんが一度口に含んだら、虫歯菌も赤ちゃんに移動してしまいます。
哺乳瓶や離乳食の器具を殺菌するだけでなく、お母さんの口内も歯磨きで滅菌しておきましょう。
…というよりも、可愛い赤ちゃんのために、虫歯は早急に治療してください。

dc4-1b

お母さんの歯周病も赤ちゃんにうつる!

お母さんの歯周病は乳歯が生え揃ってくる生後19ヶ月から31ヶ月の間に感染する可能性があります。
歯周病菌はお母さんの唾液に含まれ、その他の菌もあわせると1mlに約1億個も含まれているのです。
虫歯菌も歯周病菌は、キスしただけで赤ちゃんに移る場合もあります。
そう言われると、お母さんはとても心配になると思いますが、赤ちゃんの唾液には殺菌作用・洗浄作用もあります。
ミルクを飲ませた後や離乳食の後で、赤ちゃんの歯茎と歯のケアをしましょう。
勿論、お母さんの歯の治療とケアが先になります。

子供は親の姿をみながら成長していきます。
親は正しい歯磨き習慣のお手本になり、子供の仕上げ磨きも小学生低学年まで継続してあげましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?