白い歯研究所

ドライマウスの予兆をチェックして早期改善


1,129 views

ドライマウスは唾液の分泌が著しく低下する歯科疾患です

口の中がネバネバしたり、口の渇きを慢性的に自覚するようになったらドライマウスかもしれません。
ドライマウスとは、口腔乾燥症と呼ばれ唾液の分泌が著しく低下する歯科疾患です。
原因は、加齢、ストレス、唾液腺障害、薬剤の副作用をはじめ偏食や喫煙などの生活習慣に起因するものまで、多岐にわたります。

ドライマウス

唾液の免疫作用が低下することで虫歯や歯周病に罹るリスクが高くなります

口の中が乾燥するなら「うがいを頻繁に行えばよい」と、簡単に考える方もいらっしゃるかもしれませんが、この唾液の分泌の低下は、単なる口の中が乾燥するという直接的な症状にとどまらず、間接的にさまざま症状となって現れてきます。
唾液には消化作用に加えて免疫作用があって細菌の増殖を抑える重要な役割を果たしています。唾液の分泌量が低下するということは、免疫作用も低下することなのです。
このためドライマウスになると、虫歯や歯周病をはじめとする口腔疾患に罹るリスクが非常に高くなります。

予兆と症状を知ることでドライマウスを早期に改善

こうしたリスクから大切な歯や歯茎を守るためにも、ドライマウスの症状を見逃さずに、予防的措置をいち早く取ることが重要になってきます。
ドライマウスの予兆として広く知られているのは、話をしていると喉がつまって話にくくなることや、食事の際に喉につかえる、口内炎になりやすい、さらに入れ歯をしている方なら入れ歯がはずれやすくなるなどです。
またドライマウスになると冒頭、指摘したように口の中がネバネバする、いつも口が渇いている、味覚に対して鈍感になる、そして口臭が気になるなどの症状が出てきます。こうなると治療が必要になってきます。

ドライマウスは免疫疾患による場合もあるので専門医療機関でまず診断を

特に気をつけていただきたいのは、ドライマウスの原因が免疫疾患に起因する場合です。唾液の分泌が低下する原因は何なのかを早い時点で、知ることが重篤化を防ぐために不可欠です。そのためにもドライマウスになっていないかを定期的に自己チェックすることを心掛けるようにしていただきたいと思います。早期発見が早期改善につながることは言うまでもありません。
予兆や症状が見られるようでしたら、そのまま放置せずに歯科医院など専門医療機関で、まず診断を受けるようにしてください。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?