白い歯研究所

「知覚過敏」の状態を放置していませんか?


2,093 views

知覚過敏とは?

13-1
すっかり一般的な言葉になってしまった知覚過敏ですが、正確に理解している方は、それほど多くないようです。

知覚過敏が引き起こされる原因と仕組みをしっかりと理解していないと、知覚過敏がひどくなったり、さらに虫歯に進行していくなど、歯に二重、三重のダメージを与える悪循環に陥ることがありますので要注意です。

知覚過敏は、冷たい水を飲んだり、歯ブラシの毛先が触れると歯にしみるようになる症状のこと。ひどくなると虫歯と同じような痛みを感じるようになります。

 

象牙質が露出して象牙細管が開いた状態になると知覚過敏に

13-2
この知覚過敏、なぜしみたり、痛みを感じたりするのでしょうか。

まず、歯の構造について説明しておきます。

歯は神経の通っている歯髄があって、この歯髄を象牙質が覆っています。そして象牙質はエナメル質で覆われています。簡単に言うと歯は、3層の構造になっているのです。

象牙質が露出してしまうと、歯の奥にある歯髄を刺激してしまって、しみたり痛みを感じるようになります。

ただ、単に象牙質が露出しているだけでは、知覚過敏になりません。象牙質と歯髄を繋いでいる象牙細管という細い管が象牙質にあるのですが、この象牙細管が刺激を歯髄に伝える役目を果たしています。

つまり、象牙細管が開いた状態になると、しみたり、痛みを感じたりするようになるのです。

 

知覚過敏の悪循環を防ぐために「お口のケア」を

歯は、加齢や歯周病によって歯肉が後退すると、これまで歯茎の中にあった象牙質が露出してきます。

さらに歯ぎしりや不適切なブラッシング、噛み合わせが良くなかったりすると歯肉が後退し、象牙質が露出します。

知覚過敏の症状は一過性のものではなく進行していきます。

ブラッシングをすると痛みを感じるので、どうしてもお口の手入れが疎かになってしまいますが、こうなると悪循環になってしまって、深刻な状態になってしまうこともあります。

悪循環に陥らないようにすることが大切なのです。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?