白い歯研究所

歯並びを悪くする子どもの癖


1,162 views

三つ子の魂百まで

kodomo-1
乳歯が生え変わる時期の子どもの顎は、歯を支える骨も安定せず、成長途中の段階といえます。
この時期に悪い癖を持ってしまうと、歯並びやかみ合わせだけでなく、発音や顔の形などにも影響を与える場合があります。
以下のような行動が見られたら、むやみに叱ったりせず、まずはそのことを教えてあげてください。そして、将来どのようなことが起きるのか伝え、優しく改善へ導くようにしましょう。

将来のリスクと改善の時期

kodomo-2

親指などをくわえる指しゃぶりは、前歯の歯並びや舌足らずなしゃべり方、口呼吸などがリスクとなりのすので、永久歯が生えるころにはやめさせるようにしてください。
おしゃぶりの是非については諸説あり、子どもが泣きやむことから、積極的に取り入れているご家庭もあるでしょう。しかし、指しゃぶりと違って強い力でかめるため、顎の骨が左右にずれるリスクが伴います。遅くても3歳になったら与えないようにしましょう。

いつもポカンとした表情をしていたら、口呼吸の可能性を疑ってみます。鼻に異常がない場合、ほかの要因で歯並びが悪くなり、口が正常に閉じられなくなっている可能性があります。リスクとしては、ばい菌の体内への侵入、見た目の表情など。改善時期は特にありませんが、矯正歯科を受診する必要があるかもしれません。
頰づえも、歯や顎のバランスを崩す一因です。顎(がく)関節や正しいかみ合わせが行えないなどがリスクで、程度にもよりますが、正しい姿勢を取らせる努力をしてください。

歯並び以外で治したい癖

幼稚園や小学校に通うようになると、爪をかむ癖が出る場合があります。心理的なストレスなどが原因で、他人にぶつけることのできない不満などを自分に向ける、軽度の自傷行為と考えられています。この場合のリスクは、口よりも深爪など。やめさせるとともに、ストレスなどの心因を取り去るよう心がけましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?