白い歯研究所

正常に生えた親知らずなら「長くつき合っていく」のも選択肢の一つ


1,364 views

個人差が著しい親知らずの生え方

親知らずとは、上あごと下あごの一番奥に左右1本づつ10代後半から20代前半になって生えてくる歯のことを指します。
人間の歯は、生まれて3ヶ月から6ヶ月くらいにかけて乳歯が生えて、6歳くらいから永久歯に生え変わります。
現代人の場合、永久歯の数は上下あわせて28本なのですが、親知らずが生えると32本になります。
ただ、これは個人差があって、上下4本の親知らずが生えるケースもあり、1本や2本しか生えないケースもあります。4本すべてが生えるとは限りません。
当然、まったく親知らずが生えない人もいるわけで、日本人の場合は、外国人に比べると親知らずが生えるケースは少ないと言われています。

変わってきた親知らずに対する世間の考え方

さて、この親知らず、抜歯するのがよいのか、それとも一生つき合っていくのがよいのか、悩ましい問題でもあるのです。
今日的には、正常に生えていて上下のかみ合わせも良好ならば、あえて抜歯する必要はないとされています。
以前は、あごの骨に親知らずの歯根が癒着することがあるので、癒着する前に早目に抜歯したほうがよいと考えられていたのですが、今日では正常で不都合がなければ抜かずに、普通の人よりも多めに歯をもらって得したと、ポジティブに考える方が多くなってきています。
また、治療の観点からも、なにがなんでも親知らずは抜歯しなければならない、というわけではありません。

親知らず

斜めや横向きに生えた親知らずは予防的措置として抜歯を選択

それでは、どのような状態であれば抜歯が必要になるのでしょうか。
まず、まっすぐに生えていなくて斜め向きや横向きになっている場合、さらに、まっすくに生えていてもかみ合わせが正常でなかったり、痛みがある場合などです。
特に斜めや横向きになっていると歯ブラシが入りにくく、食べかすが溜まりやすくなって、虫歯や歯肉炎になることが多いのです。
このため、疾患の症状が出る前に予防的措置として抜歯します。
いずれにしても虫歯や歯肉炎、さらにかみ合わせの不都合から痛みが生じるようであれば、痛みを解消するために抜歯が選択されます。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?