白い歯研究所

唾液の役割を知っていますか?


2,119 views

唾液は「食物を飲み込みやすく」して、「消化を助ける」役目があります

7-1

唾液は口の中の食物を絡ませて、飲み込みやすいようにしてくれます。

食物を噛むと唾液が混ざり合い、飲み込める状態かどうかを脳が判断してくれるのです。

唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれており、食物の糖分を分解して消化作用を高めます。

それぞれについて簡単に説明しましょう。

 

唾液は口内を清潔に保ち、抗菌作用で細菌から守るガードマン

唾液には抗菌作用のある「リゾチーム」という酵素が含まれ、外気や食物の細菌を防ぐ役割を担っているのです。

唾液に含まれる「ムチン」は、口内の菌を集めて凝縮し排出する働きを持っています。

食後に口内の汚れを落とさないと、雑菌や細菌が繁殖し口臭と虫歯の原因になってしまいます。

唾液は口内の汚れを洗い流すだけでなく、生命維持バリアーとしての役割もあるのです。

 

食後の口内が酸性になったら、唾液が中性に改善してくれます

食後の口内は酸性になりがちですが、酸性が長い時間続くと歯が溶けて虫歯になってしまいます。

唾液の「重炭酸塩イオン」が酸性を中和し、口内を中性に戻してくれます。

食後に胃がもたれたり胸焼けした場合も、唾液が胃の酸を抑えて中和してくれるのです。

唾液は「食べ物をよく噛まない、ストレス・怒り・不安」など、自律神経の乱れにより分泌が低下します。

 

唾液が少ないと「味覚障害」に陥ることも

味のわからない料理は、食べても美味しく感じないと思います。

味覚は舌の「味蕾(みらい)」という味覚受容器で感じるのですが、よく噛んで唾液と食物が混ざり合わないと「甘味・酸味・塩味・苦味・うま味」が味覚受容器まで届きません。

唾液は舌を守り潤滑する役割も担っており、唾液の分泌が不足すると舌炎を引き起こす要因になります。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?