白い歯研究所

口臭と「食べ物」「嗜好品」の関係は?


939 views

困惑した表情の女性

口臭の原因は多数あります

口腔内(虫歯や歯槽膿漏等)の病的な問題も口臭の原因ですが、摂取する食べ物やタバコ・アルコール等の嗜好品も口臭の原因となります。
口臭が気になる方は心当たりがあるのではないでしょうか?
口腔内(歯や歯茎)の状態はおかしくない、胃腸も調子は悪くない…そのような方は、まず食生活と嗜好品について考えてみる必要があります。

飲食物が原因の場合

臭いのきつい食べ物(ニンニク、ネギ、ニラ等)を食べた場合、「口の中に食べかすが残ること」が口臭の原因となります。
翌日にも臭いが残ることがありますが、一過性のものですので気にする必要はないでしょう(ただし、人と会うことが多い仕事やプライベートで人と会う予定のある人は控えめに摂取するのが「マナー」なのかもしれません)。
また、動物性食品(牛肉・豚肉・鶏肉・卵等)や脂肪分の多い食物を摂りすぎるのも口臭の原因。
腸内で酸化現象が起きるとガスが発生して体臭や口臭となって対外に出ますので(口臭が気になる方は)注意しましょう。

タバコ・アルコールの場合

タバコは、吸い過ぎるとタールやニコチンが歯に付着すると共に口内が乾燥します。
そのために口臭が発生しやすくなります。
アルコールは、摂取することにより肺から揮発性のアルコール成分が排出されます。
口臭が発生するのはそれが理由です。
個人差もありますが、口臭が気になる方は「過度の喫煙」「多量のアルコール摂取」は控えるようにしましょう。

その他にも「刺激物(カラシ・コショウ・カレー等)」や「栄養ドリンク(ニンニクエキスやビタミンB1誘導体含まれているもの)」からの口臭発生もあります。

口臭が気になる方は、「原因となる要素を排除する方向」で飲食物・嗜好品を見直してみましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?