白い歯研究所

初心者の為の入れ歯ノウハウと豆知識


1,416 views

入れ歯は全額保険で作れますか?

入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯があります。
基本的に両方とも保険で作ることができます。
しかし、使用する素材や技術、そして着脱方法により自己負担が必要な場合もあるのです。
部分入れ歯でクラスプを使用する場合、一般的に5,000円から15,000円程度を参考にしてください。
部分入れ歯の範囲とクラスプの数により違いが発生します。
総入れ歯の場合は、上下あわせて2万円前後になるかと思います。
保険を3割負担として計算しましたが、保険適用の場合は6ヵ月経過しないと次の入れ歯を作れません。

入れ歯が完成するまでの手順と期間は?

入れ歯を作る時に考えることは、信頼のできる歯科クリニックを探すことです。
何度か通院することになるので、完成後のメンテナンスも考えて選びましょう。
保険対象の総入れ歯の場合、1ヵ月から2ヵ月くらいの期間が掛かると思ってください。
2日から3日でスピード作成するクリニックもありますが、応急的な入れ歯と考えた方が良いでしょう。

歯科クリニック受付

入れ歯が完成するまでの手順と工程

1.印象採得
ピンクや青のガム状物質を口の中にいれ、歯形と歯茎の型を取ります。
2.模型作製
型取りした中に石膏を流し込み、より実物に近いクボミや傷なども再現します。
3.咬合採得
上下の顎の位置を確定する為に、パラフィンワックスで噛み合わせの確認を行ないます。
4.配列試適
噛み合わせを確認したパラフィンワックスに人口歯を並べて、噛み合わせの具合や動作の検証を行ないます。
5.重合
パラフィンワックスを保険適用のレジンに置き換えます。
6.完成
完成した入れ歯との適合性をチェックし、細部にわたる修正をくり返します。

入れ歯は、完成してからもメンテナンスが必要になります。
歯茎が痩せて入れ歯が合わなくなったり、噛みグセでバランスが悪くなり、痛みを発生することもあります。
クリニックとの信頼関係を構築し、些細なことでも相談できるような体制を整えておきましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?