白い歯研究所

入れ歯の種類(部分入れ歯、総入れ歯)


1,284 views

Denture

入れ歯の種類は大きく分けて2種類

入れ歯には、「歯がすべて抜け落ちた場合の総入れ歯」と「歯が1本でも残っている部分入れ歯」の二つに分けることができます。
保険が適用される入れ歯もあれば、適用外の自己負担になる入れ歯もあります。
基本的に総入れ歯も部分入れ歯も保険対象ですが、入れ歯のタイプや素材、そして着脱方法によって違いが生じます。

入れ歯の主な種類と解説

・金属床を用いた入れ歯は、チタンや金、そしてニッケルクロムやコバルトクロムの合金を貼り付けています。
耐久性があり清潔に保ちやすい特徴と、口内で温度を感じやすい工夫が施されています。

・オンプラント併用入れ歯は、インプラントを顎の骨に埋め込み、入れ歯をしっかり固定した入れ歯です。
自分の歯で噛んでいるような感覚があり、デンタルケアも必要になります。

・ノンクラスプデンチャー入れ歯は、金属のバネを使用せず弾力性に富んだ素材を使用しています。
見た目が自然の歯に近く人気もありますが、対応できない整形もあります。

・コーヌスクローネの入れ歯は、歯に巻きつけるクラスプの替わりに、自分の歯を被せた構造になります。
高度な歯科技術と経験が必要になります。

・マグネット式入れ歯は、入れ歯側に磁石を取り付け、金属と磁力で接着させます。
密着感もありますが、 MRIの時は外す必要があります。

・インプラント治療方法は入れ歯と違い、チタン製の支柱を埋め込みます。
入れ歯よりも自分の歯に近い感覚で食事ができて、外れるようなこともありません。
噛む力も強く、見た目も本物の歯と分からない美しさを持っています。

入れ歯選びと治療方法はドクターと相談してから判断

他にも、自分の歯を削って装着する差し歯があり、歯の部位と種類によって違いが生じます。
歯科クリニックには、たくさんのサンプルや臨床データが保存されています。
自己判断せずに、最適な治療方法と入れ歯をドクターと一緒に考えてみましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?