白い歯研究所

入れ歯の着脱と取り扱い注意点


1,867 views

kourei

初めて入れ歯を使用する時の感動

初めて入れ歯を作り装着した時の患者さんは、顔がよろこびに満ちた表情に変化してきます。
鏡を見ながら微笑みを浮かべ、明るい光が差し込んでいるような雰囲気を作りだします。

大好きだったお煎餅を食べることができた。
家族と一緒に食事するのが楽しみになった。
話やすくなりコミュニケーションを取りやすくなった。

しかし、入れ歯の着脱と取り扱いを怠れば、元の暗い顔になってしまいます。

入れ歯に慣れることから始めましょう

柔らかい粘膜に硬い入れ歯を密着させると、誰でも始めは違和感を感じます。
入れ歯に慣れるために、カツレツを意識しながら新聞や雑誌を読んでみる事もオススメです。
カラオケを歌ったり、会話を楽しんだり、とにかく声を出してみることです。
また、食事の時は、1回で20回は噛むように心がけ、口の中の食べ物をみそ汁やスープ、そして水などで流し込まないことを意識します。
食事の後のデンタルケアは、本当の歯をお手入れする気持ちで行ないます。

入れ歯の着脱方法

入れ歯はデリケートな素材で複雑にできています。
無理に力を入れたり、着脱方法を間違えると破損する場合もあります。

・総入れ歯の場合
始めは慣れるまで、鏡を見ながら行ないましょう。
歯と歯茎の密着場所を確認しながら、徐々に装着していきます。
位置に入れ歯が収まったならば、親指の腹を利用して軽く押さえ込みます。
噛み合わせを確認して、装着完了です。

外す時は、入れ歯の一部分を掴むのではなく、全体的に外す要領になります。
入れ歯安定剤を使用すると外れにくくなり、噛む力がアップします。

・部分入れ歯の場合
部分入れ歯の場合は、金属のクラスプ位置を確認して歯にあわせ装着します。
人口歯の部分を歯の生えている方向に押しだすと嵌りやすくなります。
外す時のコツは、上の入れ歯はクラスプ部分を指で下げると全体が外れます。
下の入れ歯は、クラスプ部分を指で持上げると全体が外れます。
決して無理に力を入れないように注意しましょう。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?