白い歯研究所

入れ歯とインプラント、ブリッジとの比較検討


1,155 views

入れ歯・ブリッジ・インプラントのメリットとデメリット

虫歯や歯周病、そして怪我などで歯がなくなったら、治療方法は入れ歯・ブリッジ・インプラントしかありません。
いずれもメリットとデメリットがあり、選択する条件も異なります。

入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯は日本でもかなり古くから作られていました。
柘植の木で作った木製の入れ歯が現在でも残っており、先人達の繊細な技術に圧倒されます。
歯の部分が擦り切れていることから、食事で使用していたことがわかります。

現在の入れ歯は、歯茎の型を取って治療する総入れ歯と、歯と歯茎の型を取りバネを利用する部分入れ歯があります。
簡単に着脱できて利便性は高いのですが、噛む力が自分の歯の20%から30%しか発揮できません。
繊維質が硬いタコやイカ、そしてお煎餅は難しいと思います。
材質は、プラスティック素材がほとんどなので、違和感を感じたり、話しにくかったり、味覚を感じ難くなったりします。
保管方法や扱い方を誤ると、ヒビが入ったり割れたりすることもあります。
しかし、保険適応で安価なのも魅力です。

ブリッジのメリットとデメリット

ブリッジは、自分の歯と歯の間を埋める入れ歯です。
総入れ歯と違い何本が自分の歯が残っていれば治療できます。
もう少しわかりやすく説明すると、自分の歯と歯が橋台になり、橋を架けるように義歯を配列します。
自分の歯の部分は噛む力が強く顎に力も入ります。
しかし、橋の部分の義歯は浮いている状態で噛む力が弱くなります。
ブリッジ部分の金具が目立つこともあり、食べカスが金具に溜まることもあります。
デンタルケアをしっかり行えば、総入れ歯よりは使い勝手が良いかもしれません。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントは顎の骨に金属の支柱を埋め込み、その上に義歯を形成します。
顎の骨と接着させるため、噛む力が強く自然の歯に近い感覚を得られます。
入れ歯のようにプラスティック部分が無く、違和感もほとんど感じることがありません。
しかし、インプラントは外科手術になり、下顎で2ヶ月、上顎で4ヶ月の治癒期間が掛かります。
また、費用も高額のため躊躇する方もいるのです。
インプラントがさらに普及すれば、今後は治療費が大幅に下がる可能性はあります。
歯医者と患者


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?