白い歯研究所

健康で丈夫な歯は、ダイエット効果を高めるためには必要不可欠


1,072 views

食べ物からエネルギーを効率よく取り出す健康な歯

丈夫で健康な歯は、健康の源です。
ダイエットで高い効果を上げるには、この丈夫で健康な歯が必要不可欠ということを指摘させていただきましたが、ここでは、丈夫で健康な歯が、どのようにダイエット効果を高めるのか、その仕組みについて具体的に見て行きたいと思います。
ダイエットの基本はカロリーコントロールです。脂肪分をいかに抑えながら、体に必要なエネルギーを補給するのかということになります。
一方、健康で丈夫な歯というのは、虫歯や歯周病をはじめとする疾患がないこと、さらにかみ合わせが正常であることです。
疾患がなくて、かみ合わせが正常である状態では、歯は食物から栄養素、つまりエネルギーを取り出すもっとも基本的な機能を100%発揮することができるのです。
ご飯をよく噛む男の子

しっかりと噛むことで得られる満腹感

さらに噛む、噛み潰すという歯の作用は、消化器官における効率的な消化吸収を促すとともに、脳への効用も期待できるのです。
よく知られているのは、噛んだり噛み潰す回数が多ければ多いほど、食べ物の旨味が舌に乗り、脳に伝わる味覚の情報量が増すということです。
味覚の情報量が多いと脳は、満腹感を感じるようになります。つまりよく噛むことで、少量の食べ物でも満腹感を得ることが出来るということです。
昔からよく言われましたよね。「よく噛んで食べなさい」と。まさに、このことなのです。
ダイエットとの関係性において、よく噛むことで低カロリーな食事から必要十分はエネルギーが得られ、さらに満腹感も味わうことができるという効果があるのです。

噛む運動が自律神経を活性化させて代謝を促進

また、脳への作用という点で見逃せないのが、自律神経などの神経系統への効用です。
噛むという動作は下あごの運動です。下あご運動が活発になると脳が刺激を受けます。
さらに上下の歯がかみ合うことによる刺激も脳を活性化させることが知られています。
こうした脳への刺激は、神経系統でも特に自律神経に作用します。
ご存知のとおり自律神経は内臓の動きをコントロールしており、代謝機能もつかさどっています。つまり噛むという運動によって、代謝が活発になり、それは同時にダイエット効果を高めることにもなるというわけなのです。


合わせて読みたい

黒ずみ、黄ばみ、ヤニ、歯垢…あなたが「白い歯」をあきらめた原因はどれ?